TAROさんの「心」と「地球」にやさしいblog

企業の環境担当者や若手ビジネスパーソンのために、環境法令の解説や仕事で使えるスキル、メンタル系の記事を書いています

甘くなかった就職活動、やり方わからず失敗続き【理系内向型人間の就活記録#1】

f:id:TAROMARU:20210610231305p:plain

 

1.記事の概要


本記事のカテゴリーは「わが人生のlog」

 

ということで、これまでの私の人生をふり返りつつ、

 

似たようなことで悩んでいる人

似たようなキャラの人

 

に何かしら貢献できれば、

 

という気持ちを込めて、記事にしたものです。

 

・・・といってももう、18年も前の話なので、

アレですが。。

 

 とにかく、「理系、内向型人間」

どのようにして就職活動を乗り切ったか

 

のlog(体験記)です。

 

ちなみに最後は無事に大手企業に就職。その軌跡を紹介します。

 

 2.当時のマイスペック

 

当時の私の履歴書は、

  • 某国立大学院工学研究科の化学系の修士
  • 研究はプラスチックのリサイクル
  • 学生時代は、これといった活動もせず、ぼんやり過ごしてきた
  • 非体育会系
  • 性格は内向的、慎重、まじめ、大人しく落ち着いている、照れ隠しの笑顔が得意

 

こんな感じでした。

 

3.「モノづくり」がしたくて、製造業を目指すも、失敗続き

 

就職活動、最初は全然うまくいきませんでした。

 

なぜなら、まず、いいわけをさせてもらうと(恥)、

 

理系の大学院は、日々の研究が忙しい!

連日、毎晩遅くまで、研究や文献を調べる日々でした。

 

今の学生さん達は、そんなことはないかもしれませんが、

当時はよくもわるくも自由でした。

 

 

そんな研究の傍ら、就職活動

 

自分がどんな会社に就職したいか?

または民間じゃなくて公務員がいいか?

 

あらためて「自己分析」することも多かったです。

 

ちなみに「自己分析」 

 

「内向型人間」が得意とすることではないでしょうか?

 

自分の内面にじっくり向き合うこと。

 

内容はともかく、そういった作業は得意なはずです。

 

今、当時を振り返ると、

自己分析にはこんなことを考えてみるのがいいのかなと思います。

 

  1. 自分は何がやりたいか
  2. 自分は何が好きか
  3. 自分は何が得意か
  4. 自分は何が嫌いか
  5. 自分は何が苦手か
  6. 自分はどんな状態が幸せと感じるか
  7. 自分はどんな状態だと辛いと感じるか

 

だけど、1~3が

なかなか見つからない、わからない、

って方もいると思います。

 

とういうか、

逆に自分がやりたいことが

明確になっている人の方が

少ないのではないでしょうか?

 

それに、そもそも、

その会社が具体的に何をやっているか

なんて、誰も入ってみなければわからないので、

 

やりたいことが実現できる保証はありません。

 

そういうときは、

特に6,7が重要です。

 

このことは、

私も後になって知ったのですが、

「やりたいこと」<「なりたい状態」

の方が多くの人にとって重要なんです。

 

これについては、こちらの記事でまとめています。

tarokankyo.com

 

 

ってことで、次回は、

はじめての就職活動の失敗のログを

記事にまとめていきたいと思います。

 

この「わが人生のlog」カテゴリーでは、就活記録以外にも、大手企業時代、転職活動のことも随時記事にしたいと思いますので、よかったら見てくださいね。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

※参考にした本の紹介