今日をよりよく生きるためのTaromaruBlog

もっと気楽な心で、気軽に環境を学ぶ!『知っているとかっこいい!?旬で役立つ環境の知識』×『メンタルを守る心の使い方』

不安は行動を促す脳からの命令だった【自動的に不安を解消できる方法】

f:id:TAROMARU:20201107223355j:plain

悩み 心配性で些細なことでも不安になりやすいので、何とか意識を変えようと思っているけど、なかなかうまくいかない。。どうすればいいんだろう?

    

今回は、こういった自分の意識を変えようと思ってもなかなか変えられず、苦しんでいる方の悩みを解消できる方法をご紹介します。

 

【心配性のAさん】

仕事のこと考えると、いつも不安なことばかり浮かんでしまいます。不安解消のノウハウ本を読んだことはあるものの、なかなかうまくいかなくて。。

 【TAROMARU】

Aさんは、仕事のこと考えると、いつも不安になってしまうんですね。

【心配性のAさん】

そうなんです。だから、何とかこの不安な気持ちを解消したくて、いろいろと本を読んだり、ネットで調べたりしているんだけど、なかなかうまくいかなくて。。

【TAROMARU】

Aさんは、自分としては、なぜうまくいかないと考えているんですか?

【心配性のAさん】

う~ん、そうですね。いろんな本を読むと、意識をこういう風に変えればうまくいくっていのが多いんですが、なかなか頭でわかっていても、うまく効果が出なくて。

【TAROMARU】

意識を変えようと思っても、なかなかうまく変えられないと。

【心配性のAさん】

そうです。何とか、うまく変えられる方法があればいいなぁって。

【TAROMARU】

じゃ、自分の意識に関わらず、不安な気持ちを取り除ける方法を紹介しましょう。

【心配性のAさん】

えっ?そんな方法あるんですか?

【TAROMARU】

はい。精神科医の先生がおっしゃっていたのですが、『不安は行動で取り除ける』

【心配性のAさん】

行動で取り除ける?・・・う~ん、だけど、なんとなくわかるような気もするけど。例えば、気晴らしに運動するとかっていうことですか?

【TAROMARU】

そうですね。まぁ運動に限らず、具体的には『話す』『書く』『体を動かす』ってことなのですが、重要なのは、もともと『不安』って、脳が「行動せよ」って命令をだしている状態なんだそうです。

【心配性のAさん】

えっ?そうなんですか?それは知りませんでした。

【TAROMARU】

脳科学的に、不安は『ノルアドレナリン』が分泌されている状態なのですが、この物質はもともと『闘争か逃走か、さっさと行動を起こせ!』というものなのだそうです。

【心配性のAさん】

へぇ~

【TAROMARU】

いわばこの不安の源、ノルアドレナリンは『行動するためのエネルギー源』のようなものであり、行動によってのみ消費されるものなのです。

【心配性のAさん】

なるほど。つまり、不安な時は、行動してこのノルアドレナリンを消費しちゃえば、勝手に不安も取り除けるってことですね?

【TAROMARU】

そのとおりです。自分が意識するとかしないとかに関わらず、車のガソリンと同じように、行動さえ起こせば、消費していくものなのです。

【心配性のAさん】

なるほど。今までも、なんとなく、体動かすことが大切とはわかっていましたが、こういう風に説明されると、すごく納得できて、自分でも簡単にできそうな気がします。

【TAROMARU】

そうです。逆に、頭の中だけで、不安な気持ちをどうこうしようと考えているだけでは、なかなかうまくいかないのも納得できますよね。

【心配性のAさん】

はい。これから不安な時は、とりあえず外でウォーキングしたり、紙に悩み事書き出したり、あと、親しい仲間と話したりして、不安をうまく解消していきたいと思います。

【TAROMARU】

はい。そう考えると、わりと不安も何とかなりそうだと思えそうですよね。気楽に、ほどよく適当にいきましょう。

 

 ※本記事は、原著を踏まえたTAROMARUの解釈に基づき執筆しています。気になる方は、ぜひ原著をお読みください。