今日をよりよく生きるためのTaromaruBlog

もっと気楽な心で、気軽に環境を学ぶ!『知っているとかっこいい!?旬で役立つ環境の知識』×『メンタルを守る心の使い方』

究極のメントレ!?5つの心を切り替えろ【知って得するブッダの知恵】

f:id:TAROMARU:20201204224815j:plain

今回のテーマ  心って「5つ」あるのは知っていますか?
実は、この5つの心を切り替えると、うまく気持ちをリセットすることができるんです。
この発想を学べば、きっとメンタル強化に役立ちますよ。

 

  

心の正体とは?5つの心を切り替えて気持ちをリセット

TAROMARU】

今日は自分の「心の正体」がテーマです。

普段、あまり心の正体を意識しないですが、心次第で、つまらないことで悩んだり、ストレスが溜まったりしないことは、皆感じているのではないでしょうか?

【ブツダ先生

そうだね。
自分の心次第で、人生、見える景色も全然変わってくるし、
毎日、心もすっきり穏やかに過ごせるんだよね、本当は。

【TAROMARU】

本当にそう思います。
すべては心の使い方次第ですね。

【ブツダ先生

そう。だけど、「正しい心の使い方」なんて、学校でも、会社でも、家でも、誰も教えてくれないから、わからなくても当然なんだけど。

【TAROMARU】

「正しい心の使い方」とは、なんでしょう?

【ブツダ先生

日々直面する人間や物事に、どんな心で向き合い、どのように心を使って、ベストの成果を作っていくか。

【TAROMARU】

具体的には、できるだけムダな心の反応をしないってことですよね。

【ブツダ先生

それが基本だね。

実は、ブッダの教えによると、心は「5つの領域」があるんだ。
具体的には、、、 

f:id:TAROMARU:20201204232151p:plain

【TAROMARU】

「意識」、「感覚」、「感情」、「思考」、「意欲」ですね。

【ブツダ先生

意識が外からの刺激に触れたとき、残り4つの心のいずれかの状態になる(反応する)。(心とはそもそも反応のこと)

そしてここからがポイントなんだけど、を向ける対象を、いずれかに切り替えると、気持ちをリセットすることができるんだ。

【TAROMARU】

つまり、「意識」は、必ず「感覚」、「感情」、「思考」、「意欲」のいずれかに向いているから、気持ちをリセットしたいときは、別の心の状態に切り替えればいいんですね。
これぞ「ブッダ式の究極のメントレ」ですね。

【ブツダ先生

この発想が知っていれば、ストレスが溜まらず、気持ちの切り替えが早くなって、人生を楽しむことが上手になるよ。

それに、作業のスピードも上がるし、周囲に振り回されないで、自分に大切なことのみに心を使える状態になれるんだ。

 

心を切り替えると気持ちがリセットされる理由とは?

【TAROMARU】

意識を向ける対象を、切り替えるとなぜ気持ちがリセットされるのでしょうか?

【ブツダ先生

本来は心とは「無常」なもの、つまり、基本的には常に変化するのものなんだ。

【TAROMARU】

どんな思いも時間とともに移ろいゆくものだと。

【ブツダ先生

そう普通はね。しかし、ムダな心の反応を繰り返していると、執着し、1つの心に意識が縛られてしまうようになる。

【TAROMARU】

なるほど。逆に言えば、1つの心に縛られた状態を、解き放てられれば、自ずと気持ちがリセットされるということですね。

【ブツダ先生】

そのとおり。

いざ実践!メントレになる具体的な心の切り替え方法

【TAROMARU】

具体的には、どのように心を切り替えればよいのでしょうか?

【ブツダ先生

まぁそんなに難しく考える必要はないけど、

例えばイライラが続いているときは、不快な「感情」が続いている状態。

これを、例えば、おいしいものを食べたり、好きな音楽を聴いたり、「感覚」に意識を切り替えるといいよ。

他にも、頭がモヤモヤしていたり、不安を感じているときは、ムダな「思考」が溜まった状態だから、例えば、外に散歩に出かけたり、ストレッチしてみたり、「感覚」に意識をむけるといいよ。

あと、なかなかやる気が起きない時は、「意欲」が減退している状態だから、喜びの「感情」を上げられるよう、好きなことをしてみたりね。

【TAROMARU】

人それぞれやり方はあると思いますが、5つの心を切り替えるという発想を持つと、今後役に立ちそうですね。

【ブツダ先生

そうだね。心の正体を知って、正しい心の使い方をぜひ覚えておいてほしいね。

 【TAROMARU】

はい。先生、今日も貴重なお話ありがとうございました。  

 

 ※こちらの記事もあわせてどうぞ

taromaru.hatenadiary.com

taromaru.hatenadiary.com

 

※本記事は、原著を踏まえたTAROMARUの解釈に基づき執筆しています。気になる方は、ぜひ原著をお読みください。 

 

 

※余談ですが、私の肉体疲労時の愛用品です